スギ花粉症に対する舌下免疫療法

スギ花粉症に対する舌下免疫療法

スギ花粉症の治療法のひとつにアレルゲン免疫療法があります。近年では治療薬を舌の下に投与する舌下免疫療法が登場し、自宅で服用できるようになりました。舌下免疫療法は、スギ花粉症の体質自体を改善し、スギ花粉症を根本的に治すことの出来る治療法です。
1日1回、少量の治療薬から服用をはじめ、その後、最低3年間(3~5年が推奨されています)、月に1回の受診が必要です。
初めての服用は、医療機関で医師の監督のもと行い、2日目からは自宅で服用します。スギ花粉症の舌下免疫療法を開始できる時期は決められています。スギ非飛散期である6~11月からの開始が必要となります。治療開始前に適応を決める検査がありますので、まずは一度当院を受診してください。受診の際に予約は不要です。


※20分でその日のうちに結果がわかるアレルギー検査を行っております。